家系図 家系図を作ってみたいとお考えの方は
一度お問い合わせください


 


家系図の作り方(戸籍の書式編)

 
   戸籍の取得編でもお話しましたが、全国で統一的な戸籍は明治5年に作成され何度かの法改正を経て現在の形になっています。
 具体的には明治19年、明治31年、大正4年、昭和23年、平成6年に戸籍法が改正され、それぞれ明治19年式戸籍、明治31年式戸籍、大正4年式戸籍、現行戸籍、コンピュータ化された(現行)戸籍などと呼びます。
 明治5年式戸籍は所得できなくなっているため明治19年式以降の戸籍を簡単に説明します。(図は、主要な箇所を説明するためのもので、続く家系図の作成編と共に実際のものとは多少異なります。また、クリックすると拡大表示します)


明治19年式戸籍


明治31年式戸籍

 明治19年式と大きく異なる点は、「戸主となりたる原因及び年月日」欄が追加されました。家督相続や新たに家を創立した場合などに原因と共に年月日が記載されます。


大正4年年式戸籍

 明治31年式と大きく異なる点は、「戸主となりたる原因及び年月日」欄が廃止され、その内容は事項欄に記載されるようになりました。


現行(昭和23年式)戸籍

 大正4年式と大きく異なる点は、「戸主」「前戸主」欄がなくなり「筆頭者」欄と戸籍に共通の事項を記載する「戸籍事項」欄が追加されました。
 また、大正4年式までと異なる点として、親・子・孫など3代以上に及ぶ記載ができない点や筆頭者の死亡などにより新たに戸籍が作られない点などがあります。


コンピュータ化された現行(平成6年式)戸籍

 現行(昭和23年式)戸籍と大きく異なる点は、B4横の用紙に縦書きをからA4縦の用紙に横書きとなりました。

 
 

全国対応致します
 Copyright (C) 2008-2018 行政書士 倉持法務サービス AllRights Reserved.