本文へジャンプ

遺産分割協議
 
相続人と相続財産が確定したら誰が何を相続するかを確定しなければなりません。
例えば、不動産は子供、預貯金は配偶者といった具合です。
この誰が何を相続するかを相続人全員で合意の上で決めることを遺産分割協議といいます。


遺産分割協議の方法
最終的に相続人全員が合意すれば、どのような方法で遺産分割協議をしても構いません。
全員で集まって話し合うことが一番ですが、事情により全員が集まれない場合は案を作って郵送や電話などで協議を進めることも可能です。
協議の内容を証明するために、最終的に遺産分割協議書を作り署名・押印します。


遺産分割協議書
遺産分割協議書は内容が明記されていれば、書式には特に決まりはありません。
ただし、以下のような注意が必要です。
 ・誰がどの財産を取得するかを明記する。
 ・住所、氏名は住民票や印鑑証明書に記載されているとおりに記載する。
 ・押印は実印でする。
 ・複数枚になる場合は契印をする。
 ・など

金融機関や証券会社の場合は所定の用紙によることがあります。


遺産分割協議は、一部の相続人を欠いて協議をしたり、一部の相続人の意思を無視して成立させても無効となってしまいます。
また、相続財産を確定しなければ協議のしようがありません。

まずは相続人の調査、相続財産の調査が必要となります。

相続人 相続財産

遺産分割協議書の作成が難しいとお考えの方は、一度ご相談ください。

ご依頼の流れやお問い合わせは以下のページへお進みください。

ご依頼の流れ 近隣の方のページ 相続人調査(全国対応)のページ 
 
お問い合わせフォーム