本文へジャンプ

相続人
 
亡くなった方を被相続人、財産を受け継ぐ権利のある方を相続人と言います。
誰が相続人となるか簡単な例で説明します。
(この他にも複雑な事や例外もあります)


配偶者は通常は常に相続人となり、子、父母、兄弟姉妹の順に相続人となります



被相続人に父母や孫や兄弟姉妹がいても配偶者と子が相続人となります。
子も亡くなっている場合で孫がいる場合は配偶者と孫が相続人となります。
ただし、被相続人と子の亡くなる順番によっては相続人が変わってきます。
具体的には後で説明します。




子や孫ががいなく親が健在である場合は、配偶者と親が相続人となります。
多くはありませんが、両親とも亡くなっており、どちらかの祖父母が1人でも健在である場合は、配偶者とその祖父母が相続人となります。




子や孫、父母や祖父母がいなく兄弟が健在である場合は、配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。




被相続人に前配偶者との子養子縁組をした子がいる場合は、その子も相続人となります。



婚姻関係にない子でも被相続人が生前又は遺言で認知をしていれば、その子も相続人となります。



通常は、孫がいても子が健在な場合は、配偶者と子が相続人となります。
子も亡くなっている場合は、孫に相続権が発生します。
ただし、被相続人と子の亡くなる順番によっては相続人が変わってきます。



子が被相続人よりも先に亡くなっている場合は、その子(つまり被相続人の孫)が相続人となります。
これを代襲相続といいます。
親の場合は、この代襲相続はありません。
兄弟姉妹の場合は、その子(つまり被相続人の甥や姪)までとなります。



被相続人が亡くなって相続が開始されたけれど遺産分割協議が整う前に相続人である子が亡くなった場合です。
一旦は、配偶者と子が相続人となりました。
子の相続人は、その配偶者と子となりますので、被相続人の相続人は配偶者と子の配偶者と孫となります。
これを数次相続といいます。

代襲相続や数次相続という言葉は知らなくとも良いのですが、このように場合によって相続人が変わってきますので注意が必要です。


相続人について分かっていても、実際に戸籍を取得して調査をするには、取得方法や戸籍の読み方などの難しい事が多々あります。
また、相続人が欠けた遺産分割協議は無効となってしまいます。
難しいとお考えの方は、ご相談ください。

相続人の調査は全国対応しています。

ご依頼の流れやお問い合わせは以下のページへお進みください。

ご依頼の流れ 近隣の方のページ 相続人調査(全国対応)のページ
 
お問い合わせフォーム